すべての子供たちに of NPO法人ゼロスポーツコミュニケーション

今の運動が苦手な子供たちの環境

allcild.jpg(写真と本文は関係ありません)子ども達を取り巻く状況も見てみると、外遊びの機会が減少し、内遊びの機会が増えるなど、自然や仲間との触れ合い方を知らない子ども達が増えています。感受性豊かな幼少期に自然や仲間と触れ合う機会を失ってしまうことが、子ども達の将来にどれだけの影響を与えるのでしょうか。

私たちにできること

c02.jpg(写真と本文は関係ありません) 私たちは、環境に対する考え方、仲間に対する考え方とは、実際に体験すること、見ること、知ることにより養われるものです。
私たちは、子どもたちにサッカー及びスポーツを楽しんでもらうこと、自然に触れる機会を設けることによって思いやる心を養うことに繋がり、それが人間形成へ大きな影響を及ぼすものと考えております。